1. トップページ >
  2. 学会情報 >
  3. 表彰事業
学会情報

表彰事業

一般社団法人歯科基礎医学会 学会賞の候補者推薦について

歯科基礎医学会 学会賞は、本会の進歩発展に長きにわたり著しく貢献をした方で、歯科基礎医学研究または歯科基礎医学教育において特に著しい功績を収めた方に授与いたします。

学会賞の受賞資格は、次のいずれかに該当する方になります。

  1. 本会および歯科基礎医学にかかわる優れた研究業績を挙げた者
  2. 本会および歯科基礎医学にかかわる秀でた教育活動を行った者
  3. 本会理事が推薦した者

候補者の推薦につきましては、“一般社団法人歯科基礎医学会 学会賞推薦書”を本学会事務局まで提出期限までにご郵送下さい。

推薦書の送付先

〒170-0003 東京都豊島区駒込1-43-9 駒込TSビル301
一般財団法人口腔保健協会内
一般社団法人歯科基礎医学会事務局(学会賞候補者推薦)宛

※書留、レターパック等、発送後に追跡ができるものでの郵送を推奨いたします。

推薦書の提出期限

平成29年10月31日(火・消印有効)

選考は、学会賞授賞内規に従って行います。それを受けて、受賞者は理事会の承認後に決定いたします。

なお、平成29年度をもって、歯科基礎医学会功労賞は廃止されることを申し添えます。

一般社団法人歯科基礎医学会 学会賞推薦書 (19KB)

一般社団法人歯科基礎医学会 学会賞授賞内規 (130KB)

「表彰事業」トップへ

第18回(平成30(2018)年度)歯科基礎医学会ライオン学術賞応募者の公募について

(一社)歯科基礎医学会 理事長 西原達次

謹告

会員各位におかれましては,益々ご清祥のこととお慶び申し上げます.

さて,第18回歯科基礎医学会ライオン学術賞応募者を下記の要領で公募いたしますので,有資格者の皆様には,奮って応募していただきますようお願い申し上げます.

謹白

Ⅰ.歯科基礎医学会ライオン学術賞の概要

【主旨】
歯科基礎医学分野において,国際レベルの卓越した研究成果を挙げ,歯科医学の発展・進歩に多大に寄与した本学会員の功績を称える.
【受賞者数】
原則2名まで.
【表彰】
本賞受賞者には楯(LION Awardを明記)と副賞(賞金20万円)を授け,学術大会時に表彰する.
【発表】
結果は本学会ホームページ上に公表する.
【応募者の資格】
歯科基礎医学分野において,国際的に優れた研究業績を挙げた会員歴10年以上を有する55歳未満の本学会員を選考対象とする.但し,出産・育児・介護等のために研究を離れていた期間は年齢制限に延長を認める.その場合,該当期間を申請書中に記載すること.
【選考】
本学会の代議員で構成する選考委員による第1段審査,海外の専門家による評価(必要に応じて)および研究委員会委員で構成する選考委員による第2段審査によって受賞者を選考する.
【スポンサーシップ】
ライオン株式会社の単独スポンサーシップによる.
【受賞内容の公表】
受賞者は,Journal of Oral Biosciencesに受賞内容あるいはそれに関連する総説を投稿・掲載しなければならない.

Ⅱ.応募手続き

下記より所定の応募用紙をダウンロードして必要事項を記入のうえ,関連論文の別刷(各15部・コピーでも可)とともに学会事務局まで提出する.

Ⅲ.応募締切日

平成29年10月31日(火・消印有効)

Ⅳ.応募書類送付先

〒170-0003 東京都豊島区駒込1-43-9 駒込TSビル301
(一財)口腔保健協会内 (一社)歯科基礎医学会事務局
TEL:03-3947-8891 FAX:03-3947-8341

※郵送の際は,「歯科基礎医学会ライオン学術賞応募書類在中」と朱書し,書留、レターパック等,発送後に申請者が発送状況を確認できるものでの送付を推奨いたします.

第18回歯科基礎医学会 ライオン学術賞応募用紙 (22KB)

一般社団法人歯科基礎医学会 ライオン学術賞授賞内規 (130KB)

ライオン学術賞 歴代受賞者一覧 (158KB)

「表彰事業」トップへ

第30回(平成30(2018)年度)歯科基礎医学会 学会奨励賞の応募者の公募について

(一社)歯科基礎医学会 理事長 西原達次

謹告

会員各位におかれましては,益々ご清祥のこととお慶び申し上げます.

さて,第30回歯科基礎医学会 学会奨励賞応募者を下記の要領で公募いたしますので,有資格者の会員各位におかれましては,奮ってご応募いただきますようご案内申し上げます.

謹白

Ⅰ.歯科基礎医学会 学会奨励賞の概要

【主旨】
歯科基礎医学その他,これに関連した領域において,国内で行われた研究に関する優秀な論文に贈るものである.
【副賞】
賞金10万円を授与する.
【発表と授与】
受賞者は学会ホームページに掲載され,学術大会時に表彰する.
【応募資格】
応募資格は次のすべてに該当する必要があります.
  1. 応募締切時に継続して2年以上の本会会員歴を有する者.(単年度会員歴は含まない.)
  2. 応募締切時に40歳未満あるいは学位取得10年以内の者.但し,出産・育児・介護等のために研究を中断した場合には,年齢制限あるいは学位取得後の年限において中断期間分の延長を認める.その場合,該当期間を申請書中に記載することとする.
  3. 本会にかかわる学術研究,教育活動,学会活動に特に大きな貢献のあった者.
  4. 本会理事が推薦した者.
なお,原則として教授は対象としない.
【選考の対象】
応募年度を除く過去3年間(最終年度の3月まで・平成27年度~29年度)に本学会学術大会(該当学術大会:第57回~59回学術大会)で発表されていることに加え,同期間中に本学会誌または国内外の学術雑誌に掲載(in pressを除く)された原著論文とする.共著者のある場合は,筆頭著者を対象とする.
【応募ならびに選考】
応募ならびに選考は部門ごとに行う.本学会代議員で構成する選考委員会による第1段審査および研究委員会委員で構成する選考委員による第2段審査によって受賞者を選考する.
【受賞者数】
原則として最大で7名.
【受賞論文内容の公表】
受賞者は,Journal of Oral Biosciencesに対象論文に関連する総説を投稿・掲載しなければならない.

Ⅱ.応募手続き

下記より所定の応募用紙および推薦書をダウンロードして、必要事項を記入のうえ,受賞対象となる論文別刷 (20部・コピーでも可)とともに学会事務局まで提出する.提出書類(論文別刷を含む)は返却しない.

※希望審査部門は1つをお選び下さい(必須).

Ⅲ.応募締切日

平成29年10月31日(火・消印有効)

Ⅳ.応募書類送付先

〒170-0003 東京都豊島区駒込1-43-9 駒込TSビル301
(一財)口腔保健協会内 (一社)歯科基礎医学会事務局
TEL:03-3947-8891 FAX:03-3947-8341

※郵送の際は,「歯科基礎医学会 学会奨励賞推薦書在中」と朱書し,書留、レターパック等,発送後に申請者が発送状況を確認できるものでの送付を推奨いたします.

第30回歯科基礎医学会 学会奨励賞応募用紙および推薦書 (22KB)

一般社団法人歯科基礎医学会 学会奨励賞授賞内規 (165KB)

学会奨励賞 歴代受賞者一覧 (249KB)

「表彰事業」トップへ

モリタ優秀発表賞について

Ⅰ.“モリタ優秀発表賞”の概要

【主旨】
本学会学術大会において優れた成果を発表した若手研究者を表彰するもので、将来を担う会員の研究を奨励し優れた発表を促すことで、学術大会ならびに総会の活性化および歯科基礎医学の発展に貢献することを目的とする。
【応募資格】
本賞の受賞者は、次のすべての条件を充たしていなければならない。
  1. 学術大会におけるポスター筆頭発表者。
  2. 成果発表時に本学会会員(正会員、学生会員、単年度会員のいずれか)であること。
  3. 筆頭発表者(連名発表の場合はその代表者)は35歳以下(演題申込締切日)であること。

なお、受賞者にはJournal of Oral Biosciencesに受賞内容あるいはそれに関連する総説又は原著論文を投稿・掲載していただくことになっております。
また、本賞は、株式会社モリタのスポンサーにより運営されております。

【応募ならびに選考】
学術大会におけるポスター発表者のうち、内規に定める受賞資格を有し、あらかじめ演題申し込み時に応募した者の中からその研究内容、研究の将来性と独創性及びプレゼンテーション能力を評価の対象として選考する。

一般社団法人歯科基礎医学会 モリタ優秀発表賞授賞内規 (145KB)

モリタ優秀発表賞 歴代受賞者一覧 (283KB)

「表彰事業」トップへ

ベストペーパー賞について

Ⅰ.“ベストペーパー賞”の概要

【主旨】

本賞は、Journal of Oral Biosciencesに優れた学術論文を筆頭著者として発表した正会員および学生会員を表彰するため、平成27年度より表彰制度が施行されております。

ベストペーパー賞は、Journal of Oral Biosciencesに学術論文が掲載された筆頭著者の正会員および学生会員が受賞対象者となります。

一般社団法人歯科基礎医学会 ベストペーパー賞授賞内規 (62KB)

ベストペーパー賞 歴代受賞者一覧 (62KB)

「表彰事業」トップへ

このページの先頭へ